土曜日, 1月 13, 2007

とげとげのピンク・グルーテンドルスト

ハイブリッド・ルゴサのピンク・グルーテンドルストです。はまなすの交配種ですが、雰囲気は全く違います。しかし、とげが鋭くいっぱいなのははまなす以上です。とにかく素手では絶対にさわることはできません。皮の手袋をしても、安全は保証されません。


カーネーションのようなぎざぎざの花びらはたいへんかわいいのですが、とげの鋭さはそれとはまったく対照的です。葉もルゴサ系で厚く、葉脈がはっきりしています。葉の裏にもとげがあるので、葉をさわるのも気をつけなくてはいけません。


寒さにも暑さにも強く、シュートもいっぱい出ます。つぼみもいっぱい付き、春から秋までずっと咲き続けてくれます。枝を挿しておけば、けっこう簡単に発根します。我が家の苗は接木苗ですが、たぶん挿し木でも十分に育つのではないかと思います。ただ、とげが多いので、枝がうまく土にささりません。土を掘ってから挿してあげないといけません。


オールドローズではないのでしょうが、花と枝のとげのバランスの悪さはワイルドさを感じます。横張り性なので十分なスペースがあれば、自然のまるいブッシュになってくれるはずです。我が家は駐車スペースの横に植えているので、へたをすると血だらけになります。

Posted by Picasa

2 件のコメント:

yasu さんのコメント...

カーネーションのような花ですね。
こんな薔薇見たことなかったです。
最近、薔薇の話が身近にあってこのページを紹介しまくってます。
ちなみに友人が花屋さんをしてて、27日が記念日なので薔薇を注文したらいろんな種類があるから選べって言われて戸惑っている次第です。

蹴上王者 さんのコメント...

写真を撮ると、ほんとうにカーネーションのように写りますが、実際はすごい刺なので、かなりワイルドな感じです。防犯目的にはお薦めです。
ガーデニングのバラと、切り花のバラの品種は異なりますね。切り花用はステム(花首)が長くないといけなし、花持ちも重要なので、花びらもある程度の厚さをもっていなくてはいけないでしょう。花の大きさも10cmぐらいまででしょうね。切り花に15cmなんてのはあまり役に立たないだろうし...
私はよく知りませんが、コンテスト向けというのもありますよね。1輪をきれいに咲かせることが目的だったりすると、また品種が変わってきますものね。
私は、あまり考えて品種を集めているわけではありませんので、ぜんぜん統一感がありません。でもオールド系が好きです。