水曜日, 5月 27, 2009

ギィ・ドゥ・モーパッサンは遅咲きなので

  5月も終盤になると1番花は終わりでなかなかきれいな花がみつかりません。そんななかギィ・ドゥ・モーパッサンは遅咲きなので、いまもきれいに咲いてくれています。このギィ・ドゥ・モーパッサンやレオナルド・ダ・ヴィンチはメイアンのロマンチカシリーズ、共に遅咲き、花びらは多いけどしっかりしているという似た性質をもっています。すこしぐらいの雨や風ならへっちゃらというのがうれしい性質です。
  もう今の時期になると気温も高くなり雨も多くなってきます。バラにとってはだんだん過酷な日本の梅雨が迫ってくるわけです。花びらの薄いイングリッシュローズはすぐ痛んでしまいますし、香りの強いバラはすぐに虫に攻撃されます。そんななかギィ・ドゥ・モーパッサンは劣悪な環境に強いバラだと思います。
  ロマンチカシリーズはほかにオーギュスト・ルノアールがあります。これも遅咲きで今咲いているのですが、花が大輪で花びらが弱いのか、なかなか開いてくれないままにボールになってしまうのが残念です。いまだ、きれいな花をみたことがありません。開くパワーが弱いんですよね。ということで、オーギュスト・ルノアールはなかなかいい写真もとれないのです。
  今は2番花に向けて一段落の次期なのですが、今年はコガネムシの襲来が少ないので、意外の多くの花が残っています。もうほどんどの花が終わっているので、花がらを切ったあとの枝ばかりが目立ちきれいではないのですが、それなりに花があるなあと感じる庭になっています。もう、お客さんは来ませんし、気楽に手入れをしていきたいと思います。
Posted by Picasa

2 件のコメント:

macaroon さんのコメント...

こんばんは
私は神奈川県在住です。
きょうは、実家の近く向ヶ丘遊園地。そこは閉園して、後に市がバラ園だけ管理しています。
そこは子供時代に我が家の庭のように遊んだ懐かしい場所です。。
友人と連れ立って久しぶりに行ってきました。
懐かしいバラの数々を、名前を必死に思い出しながら、見て回りました。
新しい株もたくさん植えられているようでしたが、根元が大きなこぶ状になった木も沢山ありました。
それは私が少女時代に見たバラと同じものでしょうか?
ミスター・リンカーン。古株でした。
バラの木はどの位な寿命でしょうか?
きょうは、垣根用に売店でサマースノーを買いました。園内の一角に見事なサマースノーの垣根があって中々良かったのです。
そう、黄色いユーレカが印象的でした。
花びらの辺がギザギザになっているのがオシャレな感じでした。

蹴上王者 さんのコメント...

お返事遅れてごめんなさい。

神奈川県といえば、私も20年前は藤沢に住んでおりました。小田急線はよく利用していたので、なんとなく過去がよみがえってきます。

バラの木の寿命ってほんとどれくらいなのでしょうね。接ぎ木の株は根に寿命があるようで、2,30年くらいと聞いたこともありますが、もっと長いですよね。

どんどんシュートを出して枝を更新してくれる種類と、主観は太くはなるけど根元からはなかなかシュートがでてくれないものもあります。それもいろいろ関係するのでしょうね。