日曜日, 9月 17, 2006

アルキミストもう1度

もう1度シリーズを始めます。つるバラの私のおすすめはアルキミストです。以前の写真はたくさん咲いているものだったので、今度は1輪が写っている写真です。
つるバラという分類ではなくモダンシュラブで分類されていることが多いと思いますが、枝は太くグングン伸びます。
我が家では北側のお風呂とトイレの窓格子に誘引しているのですが、北側にあまり日が当たらないにもかかわらず、1年で3,4mは成長します。とげはかなり鋭く、防犯用にうってつけです。
花は、最初は普通のバラのように咲き出し、だんだんロゼッタ咲きに変化していきます。この写真ぐらいの時が色も花形もきれいです。一期咲きなのですが、花はけっこう長く咲き続けます。モダンローズなのですが、どことなくオールドローズの雰囲気を感じさせ、たいへん素敵なバラだと思います。
みなさんも防犯用を兼ねていかがでしょうか?ただし、枝は太く、計画的に誘引しないととんでもないことになるかもしれません。肥料はほとんど必要としません。下手に肥料をたくさん与えるとやはりとんでもない大きさに成長するような気がします。ひなたで肥料をやったらどうなるだろうかという興味はあります。試してみる勇気のある方のお便りまっております。 Posted by Picasa

2 件のコメント:

Wendy さんのコメント...

台風前は、大忙しじゃなかったですか?
バラさんたち大丈夫だといいですね。

蹴上王者 さんのコメント...

そうですね。鉢を安全なところに動かさないと、鉢がみんな割れてしまいますからね。でも、今回はCACAnet福岡で星野村に行っていたので、すべて妻にまかせてました。
つるバラは、もうどうにでもなれという感じです。いまさらどうにもなりませんしね。黒点病の葉っぱは適当に吹っ飛んでいってくれるので、それはそれでいいかなって具合です。