月曜日, 9月 18, 2006

台風13号

台風13号の被害は思ったより大きいようだ。古い葉っぱが吹っ飛ぶのはしかたないと思っていたが、この前剪定をした後に出てきた新芽がみんな台風の風でやられてしまった。つぼみがついていたパットオースチンやジュビレ・デュ・プリンス・ド・モナコなどは、みんなつぼみが落ちてしまった。特にパットオースンはもうすぐ咲きそうな大きなつぼみがオレンジ色をしていたのにだめになってしまった。
今日も花はいくつかついていた。ブラッシュ・ノアゼットとか、メヌエット、レッドムーンあたりですが、やはり風につぼみがやられて、写真を載せる気にはならない。
ということで、過去の写真を探して、これはきれいだけど別の写真を載せちゃったという、モーニングブルーでお茶をにごすことにしよう。この花は、写真写りがすばらしい。というか、紫系のバラはほんとうにきれいに撮れる。赤がいまいちの写真しか撮れないのと逆に、本物より青みがかかってきれいに見えるのだ。実際は、青紫のバラはそれほど青くは見えないだが、写真では青いバラがあるような錯覚をする。これも赤がうまく表現できないのと同じ理由なのかもしれない。
あったら欲しいと思うのが、青系のイングリッシュローズ。きっと素敵に違いない。 Posted by Picasa

2 件のコメント:

一拙 さんのコメント...

台風被害、お見舞い申し上げます。
九州・四国は台風の銀座通りですから、いつも大変ですね。こちら仙台はめったに直撃は受けません。
でも、バラは強いですから、またすぐに芽を出して蕾をつけてくれるでしょう。そうしたら蕾だけの写真でも期待しています^^

蹴上王者 さんのコメント...

今回の台風は夕方の上陸だったので、あまり実感できませんでしたが、かなり強い風が吹いたようです。
今年は黒点病でかなり葉を無くした上に、この台風、もうまともな葉がほとんどなくなってしまいました。剪定はちょっとそれを考えて葉が残るようにしていたのですが、ほとんど葉が全滅してしまったものは、思い切ってバッサリ再度剪定してあげました。それでも、花は少し遅くなるでしょうがまあ大丈夫でしょう。実験です。