土曜日, 2月 10, 2007

ミニバラだけどかなりいいねモーニングブルー

 50円の処分品だったモーニングブルー。買ったときは名前もわからず、いったいどんな色の花が咲くのかもわからなかった。葉も黄緑色でバラの葉っぱのようではなく弱々しい感じがしたが、50円だったので3株購入して適当に鉢に植えておいた。買ったのは秋で、花が終わって小さなポットだったが、なぜか冬でも葉は落ちず成長して、春一番に花がついた気がする。
 花が咲いてみてびっくりきれいな青紫色。ミニバラにしては大きめの花で見栄えもする。早速、WEBで品種が何かを探した。だいたいミニバラの品種名はわからないのだが、色もミニバラには少ないブルー系でめずらしいので、案外簡単にあたりがついた。これきっとモーニングブルーだよ。品種がわかった時はさらにうれしかった。
 ミニバラだけど、葉はけっこう大きい。普通のミニバラのように濃い緑の照り葉ではなく、黄緑色の草花っぽい葉でけっこう茂る。寒さにはかなり強く、花もかなり遅くまで咲いてくれる。しかし、うどんこ病にはかなり弱い。春先は最初に芽をふいてくれるのだが、その時期は気温の変化が大きく、おもいっきりうどんこ病にやられる。どうせやられるので、遅めにに強く剪定して成長の時期をすこし後ろにもっていくのがいいような気がする。
 ミニバラなんですがけっこう茂ってこんもりしてくれるので10号程度の鉢に植えている。高さは伸びて50cmぐらい、横張りなのでけっこういい雰囲気で咲いてくれる。花つきも抜群で、いっぱいつぼみがつくさまがまたいい。私は、房咲きのつぼみがいっぱいつくのが大好きである。ミニバラもけっこういいねえと思った最初の品種です。
Posted by Picasa

2 件のコメント:

yasu さんのコメント...

素敵な色ですね。
実際にはもう少し違った色に見えるのでしょうか?
それにしても、素敵です。この色!

蹴上王者 さんのコメント...

ブルー系(実は紫系)のバラは、写真にするとほんとうにきれいに写ります。逆に赤はきれいに出ません。赤味がうまく出ないのでより青くなるんでしょう。
でも、実際の色もきれいです。青色の色素をもったバラは、サントリーが最近遺伝子合成で作りましたが、青っぽい紫バラはいろいろあります。青バラを目指した軌跡があるわけです。
ブルー系のバラには独特のいい香りがあるようですし、場所があればいろいろ集めたいとは思っています。